故・星野仙一監督とF1・レッドブル、選手トレードに関する共通する考え方とは?

タグ: , , 2019/8/15

 ホンダと今季からパートナーシップを結んでいるF1のレッドブルレーシングがグループ内トレードを敢行した。F1参戦3年目のピエール・ガスリー(フランス)を兄弟チームのトロロッソに降格させ、交換で新人アレクサンダー・アルボン(タイ)をセカンドドライバーに起用した。

レッドブルからトロロッソへの移籍を告げられたピエール・ガスリー(左)。隣はマックス・フェルスタッペン(鶴田真也撮影)

何度も「血の入れ替え」をしてきたレッドブル陣営


 コンストラクター(製造者)部門でランキング首位のメルセデスとチャンピオンシップを争うチームがシーズン途中で所属ドライバーを交代させるのはギャンブルでもある。が、レッドブル陣営はここ数年、何度も大なたを振るってきた。

 例えば、2016年だ。当時レッドブルに所属したダニール・クビアト(ロシア)と、トロロッソでF1参戦2年目のシーズンを過ごしていたマックス・フェルスタッペン(オランダ)をシーズン前半で電撃トレードさせた。荒っぽい走りをするクビアトの評判がすこぶる悪く、急成長中のフェルスタッペンをレッドブルのレギュラーに抜てき。見事に移籍初戦となったスペインGPで史上最年少優勝を果たした。

 2017年にはシーズン後半に入ってルノーなどを巻き込んだトレードを仕掛け、トロロッソの両ドライバーを新顔にした。その時はカルロス・サインツ(スペイン)をルノーに放出し、後にダニール・クビアト(ロシア)からレギュラーシートを剝奪。ガスリーとブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)の新人2人を次々とF1にデビューさせた。

レッドブルへの昇格を決めたタイ国籍のアレクサンダー・アルボン(鶴田真也撮影)

・合わせて読みたい→
大谷翔平、八村塁の他にもいる米スポーツで活躍中の日本人とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nascar-hattorishigeaki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧