驚異の守備率.999を記録し、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した中日・ビシエド「手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」

タグ: , , 2020/12/19

 2020年度の三井ゴールデン・グラブ賞が18日に発表された。多くが順当なメンバーではあったのだが、特に注目すべきはセ・リーグの一塁手ではなかろうか。中日のダヤン・ビシエド内野手がわずか1失策、守備率.999を記録し、194票を集めて初受賞した。

・今すぐ読みたい→
ヤクルトよりマシだけど・・・中日は2014年暗黒ドラフトのトラウマを払拭できるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-2014-draft-players/



「本当にうれしい。僕自身ずっとやってきたのは外野で、ファーストではなかった。努力した結果だと思うし、手助けしてくれたコーチ陣に感謝したい」

 キューバ出身の31歳は、息子のジュニア君と表彰式に臨み、白い歯をこぼした。有効投票300票中、半数以上。2位のヤクルト・村上宗隆の35票に大差をつけての受賞だった。

 ビシエドの言葉通り、今回の結果はコンバートという壁を乗り越えてつかんだものだ。キューバのジュニア時代から世代随一の実績を残し、2008年にいかだに乗って亡命。2010年にホワイトソックスでメジャーデビューした時点では、ビシエドは三塁手だった。

 2012年からは左翼手へ本格的に転向。この年はリーグ2位の13捕殺をマークし、長打力ある打撃だけではなく、強肩も注目を集めた。ただし、守備範囲の狭さが致命的だった。この年からレギュラーに定着し、3シーズンで通算60本塁打。その間、一塁手として出場したのはわずか4試合だけ。それ以外は左翼手か右翼手としての出場がほとんどで、DHも少なかった。





 2015年のマイナー暮らしを経て、2016年から中日でプレー。当初は外野手登録だったが、1年目から一塁中心の起用となった。ここで日本の緻密なノックで、ハンドリング作業が磨かれる。2018年からは内野手登録へ変更。ゴロ捕球だけでなく、一塁への難しいワンバウンド送球なども的確に吸い上げる柔らかで正確なハンドリングこそが、ゴールデン・グラブの最大の要因であろう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧