各球団本格化する戦力外通告、今季注目すべき点は・・・

タグ: , 2021/10/7

 プロ野球の第1回戦力外通告期間が10月4日に始まった。初日は楽天が功労者でもある藤田一也内野手に、巨人が2018年ドラフト5位の松井義弥内野手へ通告。その後、各球団も続いた。

 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が3カ月延期された異例の日程。戦力外通告期間も2度に分けず、1度に統一されていた。11月2日から日本シリーズ終了翌日までが昨年の宣告期間だった。

・今すぐ読みたい→
原巨人いよいよ終戦か 総額3億円 ささやかれる「戦犯の名前」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-end-of-the-pennant-race/



 
 今季は再び期間を2度に分ける従来の形式に戻った。第1次通告期間は10月4日から25日まで。第2次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)の全日程終了の翌日から、日本シリーズ終了の翌日までとなった。日本シリーズに出場し、終了翌日に移動を伴う場合は翌々日までとなる。なお育成選手への通告期間は10月4日から29日までの一度となっている。

 戦力外通告を受けた選手たちが再起をかけるNPB12球団合同トライアウトは12月8日に開催予定。場所は公表されていない。

 とはいえ、戦力外通告を受けた選手たちの返り咲きが、決して簡単な道のりではないことは皆さん重々承知のことだろう。

 昨年は12月7日、神宮球場で実施されたトライアウト。異例の現役復帰を表明した元日本ハムの新庄剛志ら56人が参加した。結果的にNPBの支配下契約を勝ち取れたのは、わずか2人。いかに狭き門であるかを物語っている。





 その2人にしても、今季満足のいく働きができたわけではなかった。

 昨オフにヤクルトを戦力外となった風張蓮投手は、DeNAと支配下契約を結んだ。今季1軍では5試合に投げて、防御率7・71。イースタン・リーグでは21試合に投げて、1勝1敗、防御率4・70という成績に終わった。今オフの戦力外通告期間2日目となった5日、DeNAが公表した戦力外9選手の中に、風張の名前があった。わずか1シーズンで、再び戦力外を通告されたのである。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧