【中日】交流戦を三大ニュースで振り返る 苦しい期間でも見えた「光明」とは?

タグ: , , , , , 2024/6/20

カリステの打撃も光った(C)TakamotoTOKUHARA/CoCoKARAnext

 中日のセ・パ交流戦は7勝11敗、4つの負け越しに終わった。最初の2カードは五割で乗り切るも以降の4カードでいずれも1勝2敗。期間中は33得点に対して62失点と、得失点の収支がほぼ倍に膨れ上がり、苦しい戦いを強いられた。そんな中でどんなトピックがあったのか。少し振り返ってみたい。

【動画】好投していた堀田は6回にカリステに二塁打を浴びるなど、逆転を許した





■ここぞの中田翔! 延長で2度の決勝打
 交流戦開幕と同時に、中田翔が戻ってきた。右太もも肉離れからの早期復帰かつ、復帰したカード(西武戦)で自打球を左膝に受けた影響か、期間中は打率.136、本塁打なしと振るわなかった。それでも数少ない安打の中で印象的な活躍が見られた。
 
 まずは6月2日のオリックス戦(京セラドーム大阪)。同点で迎えた延長12回、2死二塁からレフト線へ決勝のタイムリー二塁打をマーク。14日のロッテ戦(ZOZOマリン)では、延長10回に右中間へ再び試合を決めるタイムリー二塁打。延長で2度の決勝打、しかも2週間足らずでの記録はなかなかレアなのではないか。

「自分の打撃が分からなくなった」「打てなくてキツかった」と嘆きつつ、決める時は決める。これにはもう、さすがとしか言いようがない。

■エスコンフィールドで初の公式戦
 選手、ファンがともに楽しみにしていたのが、エスコンフィールド北海道でのゲームである。日本ハムの本拠地として開場し、2年目で満を持してのドラゴンズ戦開催。現地は早い時間からドラゴンズファンで溢れ、三塁側スタンドをチームカラーの青色で染めた。

 6月11〜13日に行われた3連戦は1勝2敗で負け越し。初戦で4−0と快勝を収めたものの、2戦目以降はパ・リーグ上位を走る日本ハムに返り討ちに遭った。2戦目は郡司裕也がホームラン、3戦目は山本拓実が勝利投手と、1年前まで中日に在籍した選手の活躍を許す格好に。悔しい結果と内容で新球場を後にした。

 現行の交流戦ルールだと、次回は2年後の開催。その時はどんな対決になるのか、球場周辺の進化とともに楽しみにしたい。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧