新型コロナ禍で立浪監督ら中日コーチ陣が大量離脱 10年前にも、あのチームで似たようなケースが

タグ: , , , , 2022/2/6

 中日がSOSだ。新任の立浪和義監督が3日夜に新型コロナウイルスに感染したことが分かり、春季キャンプの現場を離れて隔離療養することになった。

・今すぐ読みたい→
立浪中日激震!一軍首脳陣隔離で「機能不全」に 心配される「あの影響」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-malfunction/



 同時に西山秀二バッテリーコーチも陽性と判定されて離脱したが、これだけでは終わらなかった。濃厚接触の疑いがあるとして8人のコーチが宿舎の自室で自主隔離することになった。

 球団によると、落合英二ヘッド兼投手コーチ、大塚晶文投手コーチ、中村紀洋打撃コーチ、森野将彦打撃コーチ、荒木雅博内野守備走塁コーチ、大西崇之外野守備走塁コーチ、2軍の小笠原孝投手コーチ、英智育成野手コーチの8人とスタッフ1人。1軍首脳陣9人全員が離脱となった。

 濃厚接触の疑いがあるコーチ陣は2度のPCR検査で陰性となるのを条件に、第3クール初日の10日から現場に復帰する予定だが、球界関係者は「出遅れは否めない。第2クール以降は選手の仕上がりを見極める時期で、現場にいないと分からないこともある。1軍の監督、コーチ全員が不在となるのは異常事態」と不安視する。





 新型コロナではないが、似たようなケースは10年前にもあった。指揮官1年目だったDeNAの中畑清監督(当時)がキャンプ2日目にインフルエンザを発症したことが分かり、4日間にわたって自室で療養し、現場を離れた。この時は主砲のアレックス・ラミレスも含めて計5人が集団感染する事態となった。その年のDeNAは最下位に終わり、中畑監督の在任4年間はいずれもBクラスに終わった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧