中日 立浪新監督が指摘した「笑顔問題」とは ぬるま湯体質一掃なるか

タグ: , , 2021/10/13

 ミスタードラゴンズのチーム再建の一手は? 中日は今季限りで与田監督が退任。来季からOBの立浪和義氏(52)が指揮を執ることが決まった。球団の監督要請を受けた同氏は12日、自宅前で地元テレビ局の取材に応じ「ようやく来たかな、という感じ。そこを目標にやってきた。断る理由もないので前向きに考えたい。とにかく強いチームをつくる」と力強く所信表明。最近はBクラスが「定位置」とあって、2011年を最後に優勝がないチームの常勝軍団復活を目指す。

・今すぐ読みたい→
中日 立浪監督誕生へ!託される「あの選手」の再生とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/dragons-kazuyoshitatsunami/


●10/14(木)の巨人vs阪神の伝統の一戦を中心に、その日のプロ野球の全カードをデーブ大久保さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!



 そしてコーチ陣など含め、立浪新体制への移行が急ピッチで進められる中、今月地元テレビ局で放送された同氏のある「メッセージ」が改めて注目を集めているという。

 今月3日に放送された「サンデードラゴンズ」(CBC)の中で立浪氏と中日OBの井端弘和氏(46)が〝強竜復活〟について熱論を繰り広げた。「強竜復活へ緊急提言」と題したトークの中で、注目を集めたのは「負けてるときに笑っている選手がいる」「考えられない」という同氏の発言だった。

 ここ最近はBクラスが定位置となってしまっているチームをめぐっては「負け慣れ」「ぬるま湯体質」とチーム改善の必要性が以前から指摘されていた。現在、連敗中の巨人でも同様の「笑顔問題」が球団OBから指摘されているが、負けたときには悔しがる、闘争心を前面に出すことをナインに求めた形だ。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧