F1が約4カ月遅れで遂に開幕 ホームストレート上の表彰台でマスク姿の選手3人がシャンパンファイト!

タグ: , 2020/7/7

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていたF1が約4カ月遅れで開幕した。舞台はオーストリアGP。開幕戦が欧州内で実施されるのは1966年以来、実に54年ぶり。今年も南半球のオーストラリアGPが3月に初戦として設定されていたが、フリー走行開始直前に中止が決まり、開幕時期が7月にずれ込んだ。

初表彰台を逃したレッドブル・ホンダのアルボン(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1日本GPが中止決定した反面、F1側が中国GPを中止にできない理由とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reason-why-china-gp-cannot-be-canceled/

 オーストリアGPの決勝は5日にレッドブルリンクで無観客レースとして実施された。ホンダからパワーユニット(PU)の供給を受ける地元グランプリのレッドブルは、優勝候補として呼び声が高かったものの、結果は2台ともゴールにたどりつけなかった。

 エースのマックス・フェルスタッペン(オランダ)は序盤で2番手を走行していながら、11周目に電気系トラブルに見舞われてリタイア。相棒のアレクサンダー・アルボン(タイ)も終盤まで2位争いを繰り広げていたメルセデスの王者ルイス・ハミルトン(英国)にぶつけられてスピン。上位戦線から脱落し、直後にPUの電気系と見られるトラブルでストップ。記録上は13位だった。

 特にアルボンは同情を禁じ得ない。接触したハミルトンには接触行為に対し5秒加算のペナルティーが科されたのだが、被害者となったアルボンには何も救済はない。レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表も「悔しくて言葉が出ない。優勝を逃した。(ハミルトンへの)5秒ペナルティーは何の意味も持たない。ハミルトンには謝罪をしてもらいたい」と怒りをぶちまけた。





 ホンダ陣営ではレッドブルのジュニアチーム的存在のトロロッソ改めアルファタウリの2人も入賞争いをしていたが、ダニール・クビアト(ロシア)が終盤にパンクで離脱。唯一、チェッカーフラッグを受けて7位入賞を果たしたのはピエール・ガスリー(フランス)だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧