かつてはトップチームとしてF1を席巻した古豪・ウィリアムズが身売りへ・・・その要因とは

タグ: , , 2020/6/1

 F1の古豪チーム、ウィリアムズが身売りする見通しとなった。

5月29日にチームのタイトルスポンサーを務めていた携帯電話事業会社「ロキット」との契約を終了すると発表。新型コロナウイルス禍で活動資金が足りないことからこのままでは経営破綻する恐れもあり、チームの株式を売却する決断に至った。

身売りの見通しとなった名門ウィリアムズ(チーム提供)

・今すぐ読みたい→
ファンを楽しませるためのバーチャルレースでトップレーシングドライバーが人種差別発言をして解雇に! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/racism-remarks-fired/

 チーム側は「正式な売却プロセスの開始を発表する」と公表。「検討されている選択肢としては、事業のための新たな資本調達、(持ち株会社)WGPHの少数株主持ち分の売却、もしくは会社全体の売却の可能性を含む、WGPHの過半数の株式売却」との声明を出した。

 かつてはトップチームとしてF1を席巻した。コンストラクターズ(製造者)タイトル獲得は計9回。アラン・ジョーンズ、ケケ・ロズベルグ、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、デーモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブと7人のワールドチャンピオンを輩出した。日本メーカーのホンダ、トヨタのエンジンでF1を戦った唯一のチームでもある。

 地に落ちた一因として世代交代の失敗が挙げられる。車いすの闘将として知られるフランク・ウィリアムズ代表がカリスマ的存在としてチームをけん引してきたが、高齢を理由に2013年にチームの下駄を娘のクレア副代表に預けたあたりから、暗雲が垂れ込めた。チームの共同創設者で技術開発部門のトップだったパトリック・ヘッド氏が11年に経営から退いた影響も大きい。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧