F1にもOEM化の波が・・・アストンマーティンのF1参入でモータースポーツ業界は大混乱!

タグ: , , , 2020/2/21

 一部のF1チームが実質的にOEM化した。スイスに本拠地を置くザウバーが昨季から伊自動車メーカー、アルファロメオのブランド名で参戦しているが、ジョーダンをルーツとする英国チームのレーシングポイントも2021年から英高級メーカー、アストンマーティンのチーム名に変更することが決まった。

アストンマーティンとレッドブルが共同開発したハイパーカーのヴァルキリー((C)RedBull Content Pool)

日本では軽乗用車の世界で多用されているOEM


 OEMとは他社ブランドの製品を生産すること。日本では軽乗用車の世界で多用されており、例えば、三菱自動車のeKワゴンが日産ではデイズの車名で売られている。コンビニエンスストアの商品でもよく見かけられる。

 「OEM化」とあえて表現するのは運営チームのザウバーとレーシングポイントがともにメーカーの子会社化、もしくは関連会社化されていない点だ。

 アルファロメオは2018年までザウバーのタイトルスポンサーだったが、ネーミングライツ契約を結んでチーム名を変更。パワーユニットはフェラーリ製を積んでいる。

 一方のアストンマーティンはレーシングポイントの共同オーナーで、同チームに所属するランス・ストロールの父、ローレンス氏が同社の株式約20%を、1億8200万ポンド(約261億円)で取得。アストンマーティンとレーシングポイントの間では直接の資本関係は今のところないとされる。

 パワーユニットについては生産車にも搭載されているメルセデス製を継続するとみられ、ローレンス氏も「アストンマーティンの経営陣と協力し、会社の運営やマーケティングなどをてこ入れしていく」としている。

・今すぐ読みたい→
新型コロナウイルスの影響でフォーミュラE中国・三亜大会が延期に!4月のF1中国GPは中止の可能性も?! (https://cocokara-next.com/athlete_celeb/coronavirus-affect-hold-motorsports/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧