F2選手権で死亡事故、「セナ死亡事故の教訓」と近代F1での新たな課題とは?

タグ: , 2019/9/3

 8月31日にF1ベルギーGPの前座として開催されたF2選手権で痛ましい死亡事故が発生した。将来が有望視されていたフランス人ドライバーのアントワーヌ・ユベール選手がクラッシュに巻き込まれ、22歳の若さで命を落とした。F1のグランプリイベントでの死亡事故は2014年の日本GPでクラッシュしたジュール・ビアンキ選手(フランス)以来、5年ぶりだ。

事故死したアントワーヌ・ユベール選手(FIAーF2提供)

事故は2周目に…


  事故は2周目に起きた。レースが行われたスパフランコルシャンサーキットは高速コースとして知られ、名物コーナーのオールージュは猛スピードで上り坂を駆け上がることで有名。ドライバーたちからは、鈴鹿サーキットと並んで攻めがいがあるチャレンジングなサーキットに数えられている。

 関係者の話を総合すると、事故の詳細はこうだ。まずはトライデントのジュリアーノ・アレジ(フランス)がオールージュを走行中にスピン。ユベール選手はその影響でコントロールを失い、コース外のバリアーに激突。反動で跳ね返った後に後ろから来たファン・マヌエル・コレア(米国)のマシンに突っ込まれたという。ユベール選手のマシンは真っ二つになり、レースはそのまま打ち切りになった。

スパフランコルシャンサーキットの名物コーナー、オールージュ。右側のランオフエリアは舗装されている(FIA-F2提供)

・合わせて読みたい→
大谷翔平、八村塁の他にもいる米スポーツで活躍中の日本人とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nascar-hattorishigeaki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧