原則として1国1開催のF1 コロナ禍の特例で新グランプリが誕生「シュタイアーマルクGP」

タグ: , 2020/7/11

 新型コロナウイルスの影響によるF1の大掛かりな日程変更に伴い、新たなグランプリが誕生した。開幕戦オーストリアGPの舞台だったレッドブルリンクに残って連闘で開催される12日決勝の「シュタイアーマルクGP」だ。

開幕戦オーストリアGPで優勝したメルセデスのバルテリ・ボッタス(ダイムラー提供)

・今すぐ読みたい→
F1日本GPが中止決定した反面、F1側が中国GPを中止にできない理由とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reason-why-china-gp-cannot-be-canceled/


 F1は原則として1国1開催で、国名をグランプリ名に掲げることになっているが、開幕戦で「オーストリアGP」を使用しており、サーキットのある州の名前を取ってシュタイアーマルクGPを名乗ることになった。かつてはシュタイアーマルク公国が存在した地でもあり、元「国家」とみなしてGP名に採用したとみられる。

 ちなみにF1が世界選手権化された1950年以降に国名を名乗らなかったグランプリは存在する。

 都市名のレースでは草創期にF1のシリーズに組み込まれていた1950~60年の米インディアナポリス500のほかに、57年の伊ペスカラ(イタリア)、81~82年の米ラスベガス(シーザースパレスGPとも)、82~88年の米デトロイト、84年の米ダラスがある。米国ではアメリカ東GP、アメリカ西GPの開催例もある。





 このほかに名前が多用されたのはヨーロッパGP。83年に英ブランズハッチで初開催され、以降、独ニュルブルクリンク、英ドニントンパーク、スペイン・ヘレス、同バレンシア、アゼルバイジャン・バク市街地を舞台に計23回実施された。日本でもTIサーキット英田(現・岡山国際サーキット)で94、95年にパシフィックGPが開催された。パシフィックとは太平洋のことだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧