元F1ドライバーでパラリンピック3大会連続金を目指す「不死身の男」が事故で重症に・・・

タグ: , , 2020/6/23

 来年の東京パラリンピックのハンドサイクル競技で3大会連続金メダルがかかっている元F1ドライバーのアレックス・ザナルディ(53)が瀕死(ひんし)の重傷を負った。19日に母国イタリアのトスカーナ州の公道で行われたハンドサイクルの大会でトラックに激突し、頭部などに深刻なダメージを負った。

昨年11月に富士スピードウェイを訪れたアレックス・ザナルディ(BMW提供)

・今すぐ読みたい→
F1日本GPが中止決定した反面、F1側が中国GPを中止にできない理由とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/reason-why-china-gp-cannot-be-canceled/


 地元メディアなどによると、すぐに近くの大学病院に搬送され、2時間半に及ぶ緊急手術を受けたが、術後は人工的に昏睡(こんすい)状態にさせており、病院側は22日に「集中治療を変化なく続けている。心肺機能や代謝の状態は変わらないが、脳神経学的には深刻なまま」と最新の容体を説明した。

 事故現場はカーブのある下り坂でコントロールを失い、反対車線を走行していたトラックとぶつかったという。コントロールを失った原因については明らかになっていない。

 ザナルディの運命を変える出来事が起きたのは今から19年前。2001年のことだ。自動車レースに参戦中に大クラッシュに巻き込まれ、両脚を切断してしまったのだ。

 1991年にF1にデビューしたが、思うように芽が出なかったことから米CART(現インディカー)に転向。97、98年には2年連続でシリーズ王者に輝いた。その後、F1に返り咲き、再びCARTの世界に戻ったものの、2001年に独ラウジッツリンクのオーバルコースで行われたシリーズ戦で他車と激突する大事故に遭遇。一命こそ取り留めるも両脚を膝の上から切断した。





 一時は再起不能とまでささやかれた。が、そこから懸命のリハビリで奮起。事故からわずか2年後の03年に欧州ツーリングカーレースに手元だけで運転できる特別仕様車で参戦した。世界ツーリングカー選手権にもフル参戦するようになり、09年までの5シーズンで通算4勝を挙げた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧