「FA宣言」の問題点を球界OBが指摘 新たに提案した「現役ドラフトよりもいい」と話す”新FA制度”とは?

タグ: , , , , , 2022/11/22

(C)CoCoKARAnext

 日本ハム近藤健介外野手、西武森友哉捕手、オリックス・伏見寅威捕手、DeNA・嶺井博希捕手がFA宣言をした選手がいた中で、阪神西勇輝投手や西川龍馬外野手など、移籍が噂されながらも、残留を決断する選手も多かった今オフの国内FA市場。近年、FA移籍が少ない理由について、千葉ロッテマリーンズや日本代表の正捕手として活躍した元プロ野球選手の里崎智也氏が自身のYouTubeチャンネルで語った。

【関連記事】原巨人 「坂本潰し」を宣言した「選手の名前」






 里崎氏は日本プロ野球のFA移籍が少ない要因について「自分自身でFA宣言をしないといけないのがハードルになっている」と、制度上の問題点を指摘した。NPBの場合、FA権を取得した選手が「FA宣言」をしなければ、他球団と自由に交渉することはできない。里崎氏は「球団が宣言残留を容認していても、1度FA宣言をしただけで、裏切り者という見方をされてしまう。だからハードルが高くて、FA宣言をしない選手が多い」と話した。

 また、「アメリカと違って人的補償だったり金銭での補償があったりするから、自分がAランク、Bランクの選手だったら、自分を獲ってくれるのかなと疑心暗鬼になってしまう。森(友哉)みたいな選手だったら、話は違うけどね」と里崎氏は、話した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧