新庄ハム いよいよ「空中分解」か 選手との信頼関係崩れかけている「あのサイン」とは

タグ: , , 2022/4/6

 すでに見慣れた光景となってきた。日本ハムは5日のロッテ戦(札幌ドーム)に0―2と敗れ4連敗。開幕から10戦で9敗となり、早くも4度目の完封負け。開幕から未だ1勝は球団ワースト記録となった。

・今すぐ読みたい→
新庄ハム 清宮2号でも手放しで喜べない「あの問題」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-problem/


 開幕前からある程度、予想されていたこととはいえ、厳しい戦いが続いている。

 この日、注目を集めたのは7回の場面だ。2点を追う7回一死満塁で代打・清宮がコールされた。一打逆転の場面で、3ボールとなった。セオリーとしては「待て」だが、新庄監督が出したサインは「打て」だった。

 だが清宮は4球目の甘い直球を見逃すと、続くゆるいカーブも見逃し、フルカウントに追い込まれる。最後は厳しいコースの直球を打ち上げて捕邪飛に倒れると、思わず顔を覆い、落胆の表情を隠せなかった新庄監督。凡退直後の清宮に対して「俺は君を信じて『打て』のサインを出している。割り切ってバチーンと捉えていきなさい」と注意したという。





 一方で「サイン無視」となった清宮を含め、現在のナインの状況についてはこんな声もある。

 「新庄監督のやり方、目指す野球に少しずつ違和感を感じているのではないか。あそこも本来なら『待て』の場面。長年体にしみついてきた野球観もある。選手もなかなかそう簡単には意識を変えられず、迷いが生じている可能性はある」(球界関係者)

 7回の場面、ボールが先行と相手投手、ドラフト3位の広畑も制球が定まっていなかった。「打て」が出されても、清宮の脳裏に押し出しの場面が浮かんだとしても不思議ではない。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧