西武・森 「第二の中田事件」に指揮官も激怒 「職場放棄」行動に波紋広がる

タグ: , , 2022/4/4

 西武は3日、森友哉捕手(26)が2日に千葉県内の病院で「右示指(人さし指)基節骨骨折」と診断されたことを発表した。この日、出場選手登録を抹消され、代わりに斉藤誠人捕手(26)が昇格した。

・今すぐ読みたい→
矢野阪神 泥沼9連敗!「勝てるときに勝たないと」今季の失速を「予言」していた球界大物OBとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-background-of-9-consecutive-losses/


 森の怪我は試合中のプレーではなく、2日のロッテ戦(ZOZOマリン)の交代後にベンチ裏でマスクを投げた動作に起因した負傷だったという。

 チームを預かる辻監督はグラウンド外でのケガに怒りを隠せなかった。「試合中のケガはつきものだからしょうがないと思うけど、(交代して)上がってからのロッカーでの出来事だというのであれば、しっかり考え直さないと。チームとして許されることではない」とバッサリ。復帰までに約2か月かかる見通し。チームにとっては、主砲の山川もケガで欠く中、何とも痛いアクシデントになった。

 一方、今回の森の負傷には厳しい目も向けられている。プロ野球界では過去にも自身の不注意などでケガをする選手もいたが、チームに与える影響も大きい。最近では、昨年の日本ハム時代の中田(現巨人)が顕著な例といえる。





 昨年開幕から不振に悩んでいた中田は4月7日のソフトバンク戦中にベンチ裏で転倒、右目付近を強打した出来事があった。この行動に対し、当時の栗山監督は「けがしてどうするって話だよ。いなくなるのはなしだろ!責任を果たしていないだろ!」と激しく糾弾。その後、中田はコンディション不良などで登録抹消を繰り返し、8月に同僚への暴力行為を起こし、巨人へトレードとなった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧