矢野阪神 泥沼8連敗!「機能不全」首脳陣に求められる「あのカンフル剤」とは

タグ: , , 2022/4/3

 阪神は2日の巨人戦(東京ドーム)に4―5と敗れ痛恨の開幕8連敗となった。これは1979年にヤクルトが記録したセ・リーグワーストと並んだ。負のスパイラルが止まらない。

・今すぐ読みたい→
巨人の「ドラフト下手」は過去の話? 実は凄い1位指名の男たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-draft-history-02/


 初回、阪神は相手先発・山崎伊の立ち上がりを攻め、2点を奪うも、すぐにその裏に坂本の2試合連続となる2号2ランが飛び出し、試合は振り出しに。先発・小川は粘るも勢いづく巨人打線を止められない。2回には丸の2号ソロ、3回にもポランコに特大の3号ソロを許すなど本塁打攻勢に沈んだ。

 痛恨だったのは9回の場面。2点差を追う9回は巨人の新守護神、ドラ1・大勢の制球が定まらず、連続四球をきっかけに糸井の適時打で1点をかえす。なお1死二、三塁の山場で佐藤輝の放った打球はつまった遊撃へのハーフライナー。これに三走・近本が飛び出し、痛恨の併殺に倒れてゲームセット。頭から飛び込んだ近本はしばらく起き上がれず、その光景を見た佐藤輝も頭を抱えた。

 近本は打球が当たった瞬間にスタートを切る指示が出ていたと見られ、試合後に矢野監督は「ギャンブル(スタート)で行ってるんで。こっちの責任で近本は悪くない」と敗戦の責任を一身に受け止めた。





 一方、12球団で唯一、開幕以来白星がない異常事態で指揮官、矢野監督のメンタル面も心配されている。テレビ中継で映し出された指揮官の姿はほぼ不動で、表情も常に硬かった。

 「初回、大山のタイムリーが出たときも表情がほぼ動いていなかったです。本来の矢野監督であれば、もっと感情を表に出して喜んでいるはず。あの姿を見て少し心配になりました」(放送関係者)

 未曾有の連敗ロードでチームを預かる指揮官としての責任もひしひしと感じている。ネット上でも阪神ファンの間から「(矢野監督の)メンタル大丈夫かな?」「矢野監督が心配だ」と指揮官の精神面を心配する声が出ている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧