164kmで大谷超え間近のロッテ・佐々木朗希 意外な最大のライバルは、実はチーム内にいた!?

タグ: , , , 2022/4/3

 今季初登板から多くのファンの度肝を抜いたのがロッテの佐々木朗希投手。開幕2戦目となった3月27日の楽天戦(楽天生命パーク)に先発し、初回に自己最速を更新する164キロの直球を投げ込んだ。同郷の岩手県出身の速球王、大谷翔平が日本ハム時代に残した165キロという日本人最速記録にあと1キロと肉薄。まだ20歳と若く、肌寒い春先にこれだけの数字を残し、今季中の大谷超えを予感させた。

・今すぐ読みたい→
矢野阪神 泥沼8連敗!「機能不全」首脳陣に求められる「あのカンフル剤」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tigers-background-of-8-consecutive-losses/


 球速という点においては、国内には向かうところ敵なしといった感さえ漂う。だが、その佐々木にとって球速勝負で唯一のライバルとなり得る存在が、同じチーム内に存在する。

 新外国人のタイロン・ゲレーロだ。ホワイトソックス傘下3Aシャーロットから今年1月に加入。3月25日の開幕・楽天戦で8回から2番手で登板。いきなり161キロを投げ、1イニングを無安打無失点に封じた。その2日後に佐々木に更新されるのだが、開幕戦当日時点ではロッテ投手の161キロは公式戦球団最速記録となったとされている。

 ゲレーロが本格的にメジャーデビューしたのはマーリンズ時代の2018年。このシーズンは中継ぎとして自己最多の60試合に登板した。8月13日のブレーブス戦では球速167キロを計測。防御率5・43と安定感には欠けたが、こと球速だけに限ってはメジャーリーグでもトップクラスだった。





 翌2019年も52試合に登板。順調に映ったメジャーでのキャリアに襲いかかったのがコロナ禍だ。2020年のメジャーリーグは7月開幕の60試合と大幅に短縮された。開幕をマイナーで迎えることになったゲレーロだが、このシーズンはマイナーリーグは全試合中止に。実戦経験がないまま正念場の2020年シーズンを終えた。2021年は前年のそんな事態が響いたのか、3Aで18試合の登板にとどまった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧