巨人の「ドラフト下手」は過去の話? 実は凄い1位指名の男たち

タグ: , , , 2022/7/17

 一度定着したイメージがなかなか払拭できないのは、みなさんの職場でも、プロ野球界でも一緒のようです。

 巨人のイメージといえば「他球団の活躍した選手をFAなどのマネーゲームでかき集め、そのせいでせっかく育った若手も活躍の場を奪われ、2軍でやる気を失っている」というものではないでしょうか。

【関連記事】巨人・岡本和にのしかかる「ガッツ問題」 OBが感情の発露を求める「あの理由」とは

 確かにそんな時代もあったかもしれません。しかし、それは今では過去の話。ドラフトで獲得した選手がイキイキと躍動していることは見逃せません。中でもドライチがしっかりと中心選手になっている事実は、もっと語られていいでしょう。

 スポーツ新聞の巨人担当記者は言います。

 「2012年からのドラフトでいえば、ここ10年、ほとんどの1位が1軍で活躍しています。12年の菅野投手は絶対的なエースですし、13年の小林捕手は高い守備力はもちろん、グッズの売り上げ的にも上位でチームに欠かせない存在です。14年の岡本内野手は2年連続二冠王と球界を代表する右の強打者。15年の桜井投手は現在こそファームですが、19年には8勝を挙げています」

 決してくじ運に恵まれているとは言えない近年でも「外れ1位」「外れ外れ1位」がきちんと戦力になっている部分も、興味深いと言うのです。





 「16年1位の吉川内野手は創価大・田中正義投手と桜美林大・佐々木千隼投手の『外れ外れ1位』だった。でもふたを開けてみたら、こんな守備範囲の広いセンス抜群の内野手はなかなか獲得できません。17年の鍬原投手も今季は勝ちパターンの中継ぎで使えるメドが立ちました。18年の高橋投手は昨季、チーム内で唯一、ローテを守り抜き、11勝を挙げ勝ち頭になりました。19年の堀田も今季開幕ローテの一角を担い、21年の大勢は開幕から守護神ですよ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧