【日本ハム】次なる1軍昇格はあの投手!?「執念」の投球は首脳陣に伝わるか

タグ: , , , 2022/4/7

 開幕から波に乗れず、ここまで11試合を終え未だ2勝止まりの日本ハム。

投打が噛み合わず思うようにいかないもどかしい状況が続く中ではあるが、それでもチームを率いるビッグボスは「これから、これから」と少しずつ手応えを感じているようだ。

・今すぐ読みたい→
新庄ハム 清宮2号でも手放しで喜べない「あの問題」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-problem/


今年1年間を「トライアウト」と位置づけ、チームの底上げや育成に力をいれるとし、「優勝は目指さない」とも公言しているビッグボス。

開幕前には、誰1人としてレギュラーは確約しないと選手に伝えており、キャンプから若手・ベテラン関係なく全員が横一線のスタートで激しい争いが繰り広げられており、特にルーキーをはじめ若手にも十分可能性があると口にし続けてきた。

その言葉通り、開幕投手にはドラフト8位ルーキーの北山を抜擢したほか、長谷川威、水野の両ルーキー、さらには2年目の根本や今川、3年目の望月など開幕1軍には若いメンバーが名を連ねた。





その一方で、若手の育成に注力するあまり、実力のある選手らが1軍に上がれていないのではといった声も多い。

投手陣では2018年から4年連続40試合以上登板を続け、フル稼働でブルペンを支え続けてきた玉井がその筆頭だろう。

キャンプからコンディションは良好だったものの、キャンプ最終日にBOSS組(2軍)に合流。その後、ファームでも好投を続けていたものの、一度もBIG組(1軍)に呼ばれることなく、開幕1軍を逃した。(4月5日に今季初昇格)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧