【フィギュア】元日本代表が語る女子の4回転時代 「男子のファクターなら300点近い点数」

タグ: , , , , 2021/11/16

 来年2月に開催される北京五輪へ向け、既に熱い戦いが繰り広げられているフィギュアスケート。
先日行われたNHK杯では、男子は宇野昌磨がショート・フリー共にトップを譲らず同大会3年ぶ2回目の優勝を果たし、グランプリファイナル出場を決めた。

一方女子はこの大会昨季女王・坂本花織が圧巻の演技で優勝で2連覇を達成。
近年はロシア勢を中心に4回転ジャンプを跳ぶ選手が多い中、4回転さらにはトリプルアクセル無しのプログラム構成でありながら、持ち前のダイナミックなジャンプと磨き上げた表現力で圧倒した。

そんな女子フィギュアの現状について、元日本代表の中野友加里さん、小塚崇彦さん、高橋成美さんが、スポーツアンカー・田中大貴さんのYouTubeチャンネル「田中大貴のアスリートチャンネル」に出演し、語った。

【動画】中野友加里、小塚崇彦、高橋成美が語る「女子のレベルは男子を超えた?」

男子のみならず女子にも繰り広げられる「4回転時代」


 
男子のみならず、女子も当たり前となってきた「4回転時代」。

もはや4回転ジャンプ無しでは勝てない時代になりつつある現状について、中野さんは

「過渡期も過ぎちゃって、4回転が当たり前の時代になっちゃったというのが本当にシビアだなと思います。
男子は4回転を何種類入れるかというところで勝負していると思いますが、女子も4回転を跳べることが当たり前の時代になっちゃって、跳べなきゃ上位にいけないというのがどうなのか、ということは自分の中で少し疑問もあります」

と、「フィギュアスケートの現在の在り方」についてコメント。

そんな近年の4回転時代の中心にいるのが、アンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トゥルソワら、ロシア勢だ。

もはや「異次元」とも言える演技を繰り広げる彼女らの演技。

ロシアの練習風景をSNSでよく見るという高橋さんは、

「陸でのジャンプの練習だったり、筋トレやバレエの練習をみていても、こんなにできるのって思うくらい氷上以外の身体能力はやっぱり他国の選手に比べてズバ抜けているなと思いますね」

と、多種の4回転ジャンプを跳ぶ上での身体能力の高さについて言及した。





「男子のファクターで計算すると300点近い点数」

現在、女子の世界最高得点はこちらもロシアのカミラ・ワリエワが今季のグランプリシリーズカナダ大会で叩き出した265.08点。もはや男子並みの得点だ。

女子で250点超えの選手がいることについて中野さんは

「もう男子ですよね。男子でも同じ構成でいけないですよ」と話すと、小塚さんも

「僕の現役時代のベストスコアが253点くらいでした。
加えて、ファクター(演技構成点において、ジャッジが10点満点で採点したうち、その係数処理を施された数字。技術点とほぼ同じ比率になるよう男女で区別されている)も違う。男子だとショートプログラムが×1倍、フリーだと×2倍に対して、女子は0.8倍、1.6倍なので、女子の方が点数は出にくいはずなんですよ。男子のファクターで計算すると300点近い点数になってくるので、すごいことですよね」

と、男子顔負けのスコアにお手上げ状態だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧