【フィギュア】元日本代表が語る「伝説プログラム」とは?一方、曲被りで大切なのは・・・

タグ: , , , , 2021/12/15

 来年2月に開催される北京五輪を前に、続々と話題が上がってきているウィンタースポーツ。中でも注目度の高い競技の一つといえば、フィギュアスケートだろう。

オリンピックでのフィギュアスケートといえば、2006年トリノ五輪で金メダルを獲得した荒川静香さんの「トゥーランドット」や2014年ソチ五輪で浅田真央さんがフリーで滑った「ピアノ協奏曲第二番」。さらには2018年平昌五輪、羽生結弦選手のフリー曲「SEIMEI」など、記憶に残るプログラムが数多くある。

そんなフィギュア界の「伝説」とされるプログラムについて、元日本代表の中野友加里さん、小塚崇彦さん、高橋成美さんが、スポーツアンカー田中大貴さんのYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」に出演し、対談を繰り広げた。

【動画】中野友加里、小塚崇彦、高橋成美が語る 「伝説的プログラムやハプニング」とは

「伝説曲」であるが故に・・・


 
印象に残るプログラムを聞かれると、「申雪選手&趙宏博選手のトゥーランドット」と答えたのは中野さんと高橋さん。

一方で「真似されるプログラムって、伝説として残っているものが多いですよね」と話すのは小塚さん。中でも自身が印象深いものについて、こう語っている。

「ソルトレイク五輪で優勝したアレクセイ・ヤグディンさんの『Winter』でのステップですね。曲に合わせて氷を拾い、パッて投げる演出があるんですよね。今でもそういった演出をする選手をみると、ヤグディンさんを思い出します」

だが、そんな人々の「伝説」とされるプログラムがある故に、その曲を使用しづらい反面もあるという。

「最近だとボレロを使用する人が多いですが、やっぱり旧採点で6.0点満点をとった五輪金メダリストのトービル&ディーンという伝説があるので、なかなか使えなかったんですよね。よく佐藤久美子先生には『ボレロ使うんだ』みたいなことも言われていました」

と、自身も現役時代、「伝説曲」を使いづらかった経験があったという小塚さん。





中野さんも、

「ボレロは使っちゃいけない、みたいなところはありましたね。今でこそ『仮面の男』とか使う選手もいますが、当時はなかなか使えなかった。伝説を崩してはいけないという感じがありました」

と、手を出しづらかった経験を振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧