原巨人 4位確定でささやかれる「原の罪」 さらなる「暗黒時代」を危惧する声も

タグ: , , , 2022/10/2

(C)Getty Images

 今季を象徴するような試合となった。巨人は1日のDeNA戦(横浜)に0ー1で敗れた。CS切符をかけた大事な試合にエース格の戸郷を立てて臨むも先に点を奪われ、打線もつながらず。この敗戦で4位確定、5年ぶりのBクラスとなったことで立て直しは急務となった。

 8回には無死満塁のピンチにルーキー守護神の大勢が3連続三振と圧巻のピッチングを見せ、反撃を待つ巨人ファンの望みをつないだ。そして迎えた9回表。1点を追う中、先頭の坂本が抑えの山崎から左前打、続く丸が四球を選び、無死一、二塁の形を作る。しかし4番の中田は左飛に倒れる。続く岡本和はあっけなく併殺に倒れ、ゲームセット。

【関連記事】原巨人 5年ぶりのBクラスで大補強攻勢へ 「根こそぎ狙う」選手の名前






 CS進出には連勝が条件だった「決戦のとき」においてもチームは機能しなかった。試合中もけわしい表情を崩さなかった原監督は「一言で言うと悔しいですね。うまくかみ合わなかった。非常に苦しいシーズンだった」と言葉を絞り出すしかなかった。

 「発掘と育成」を掲げ多くの若手投手陣を抜擢。開幕直後は、故障明けの堀田、山崎伊がプロ初勝利をあげ、首位を独走するなど、明るい話題にあふれていた。

 しかし5月に入ると急失速する。好調だった若手投手陣のスタミナ面、キャプテン・坂本の離脱、主砲・岡本和の不振などいくつもの材料が重なり合い、チームに暗雲が漂い始めた。

 一方で采配にもOBを含め、厳しい目が向けられた。

 「昨年チーム勝ち頭だった左腕・高橋優貴に関して、繰り返し早期降板を命じるなど、プレッシャーを与え続けた。結果として制球を意識するあまり、本来のフォームも見失い、シーズンを棒に振った。再生できなかった首脳陣の責任は重い」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧