巨人・野上が制限超え80%ダウン プロ野球で過去最大の減額率だった選手は?

タグ: , 2020/12/11

 巨人の野上亮磨投手が10日、1億2000万円減の推定年俸3000万円で来季の契約を更改した。野球協約で定められた減額制限は、年俸1億円以上の選手は40%減。それを大幅に上回る80%減という厳しい査定となった。

・今すぐ読みたい→
1億円プレイヤーの日本ハムファイターズ「大田泰示」!巨人が活かせなかった彼の素質とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijiohta-quality/



 「何もできていない。1年間ケガばかりだったので…」と大幅ダウンを粛々と受け入れた野上。昨年秋のフェニックス・リーグでアキレス腱断裂の重傷を負った。キャンプではリハビリに明け暮れ、2軍で実戦復帰できたのは6月。西武から移籍3年目で、初めて1軍登板がなかった。

 自由契約や移籍などを除き、同じチームに残りながら80%以上の減額となるのは、史上10人目。では最大の減額率だった選手は誰なのか。

 最も厳しい減額率だったのは、2015年オフの巨人・杉内俊哉投手。年俸5億円から4億5000万円減の5000万円で更改した。

 杉内は2012年からの4年総額20億円という大型契約でソフトバンクからFA移籍。その契約が切れたタイミングだった。

 2014年までは毎年2桁勝利を挙げ、チームのリーグ3連覇に大きく貢献していた。だが勤続疲労も重なり、2015年は股関節痛で7月に戦線離脱。10月には過去に前例がないという右股関節の大手術を受けていた。





 復帰の見込みが決して大きいわけではない、という状況もあり、厳しい減額となった。実際に2016年以降、引退を決断した2018年シーズンまで、3年間一度も1軍マウンドに立つことは叶わなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧