原巨人 広島に今季初負け越し 「ボーンヘッド」「ちぐはぐ采配」で心配される「あの悪夢」とは

タグ: , 2022/4/8

 目を覆うばかりの光景だった。巨人は7日の広島戦(マツダ)に2―9と敗れ、今季初のカード負け越しとなった。要所にミスも出て、嫌なムードが漂った。

・今すぐ読みたい→
広島・長野 古巣に意地見せた「あの思い」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hisayoshichono-show-determination/


 序盤は好調だった。初回無死満塁の好機に4番・岡本和の適時打が飛び出し、2点先制。しかしこの日は先発・堀田が苦しんだ。味方が先制した直後の初回、相手4番のマクブルームに来日初アーチを許すなど、4回5安打4失点で降板。この日は前回の大城と代わって小林とのバッテリーだったが、リズムをつかみきれず無念の投球となった。

 ミスも響いた。2点を追う7回無死二塁。広島西川のボテボテの一ゴロを中田が捕球し、一塁へ送球も二塁手・広岡のベースカバーがやや遅れ、送球を捕球できずにこぼし、無死一、三塁とされると続く菊池涼にセーフティースクイズで一塁側へ転がされた。

 捕球した中田が本塁へ送球も、間に合わず5点目を献上。





 さらにミスは連鎖する。尚も無死一、二塁で小園の犠打を捕手・小林が一塁へ送球するも、カバーの広岡の足が離れてセーフ(記録は犠打失策)になると、今度は本塁がガラ空きとなり、その間に二塁走者の西川が一気に本塁を陥れた。茫然とする巨人バッテリー。状況を判断できていなかった痛恨のボーンヘッドとなった。その後を継いだ、4番手のビエイラも相手4番・マクブルームに死球を与え退場など、荒れた試合展開となってしまった。

 試合後の原監督は「もうちょっと準備さえしておけばできるプレーだった」とミスが出たナインに猛省を促した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧