原巨人 緊急補強でも補えない「あの大きな穴」とは

タグ: , , 2022/7/5

 首位ヤクルトを追う巨人が緊急補強に動いた。

 獲得に動いているのはイアン・クロル投手(31=前パドレス傘下3Aエルパソ)。150キロ前後の直球と鋭いスライダーを武器にカットボール、チェンジアップなど多彩な変化球も持ち味の左腕。メジャー通算243試合はすべて中継ぎとして登板しており、エンゼルス・大谷や3年ぶりの日本球界復帰で話題を集めている広島・秋山とは元同僚だという。

【関連記事】巨人・坂本 加速する「コンバート」プラン 指揮官から突きつけられた「最後通告」とは

 原監督は以前から「左のセットアップがもう一人欲しい」と話しており、首位ヤクルトを追撃するためにも緊急補強に動いた形だ。

 現在中継ぎ陣の防御率はリーグ5位の「4・27」と不振にあえぐ。守護神・大勢につなぐ「勝利の方程式」も確立されておらず、クロルが苦しむ救援陣の救世主となれるかが、注目を集めそうだ。

 一方、クロルが加入しても不安視されているのは「最近はまた原監督の先発陣への見切りが早くなっている。ただでさえ苦しいブルペンで、昨年の二の舞のような起用を続ければ、中継ぎ陣もなかなか立て直しは難しいのではないか」(球界関係者)

 3日の広島戦。2か月ぶりの先発マウンドとなった堀田が4回一死後、3連打を浴びた時点で2番手の戸根にスイッチ。結局この試合は8投手の継投となった。





 この継投に関しては巨人OBの間からも救援陣の今後の負担も含め「少し考えたほうがいい」と疑問の声が出ていた。昨年もチームでは6月8日のオリックス戦(京セラ)で球団史上最多となる9投手をつぎ込んだ試合が注目を集めていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧