原巨人「無気力野球」で崖っぷち! ヤクルトとの「決定的な差」とは

タグ: , 2021/11/12

 力の差以上に深刻なのは・・・。CSファイナルステージ第2戦(神宮)巨人がヤクルトに2戦連続の完封負け。先発の菅野が味方のミスにも足を引っ張られ、6回途中5失点KOされると打線も散発2安打と覇気なく終了。アドバンテージを含めて巨人は0勝3敗となり、日本シリーズ進出へいよいよ崖っぷちに追い込まれた。

・今すぐ読みたい→
原巨人 CSファイナルS「陰の戦犯」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-expect-inspiration-player/



 守りから崩れた。中4日で先発した菅野は粘り強く投げていたが、0―1で迎えた6回が勝負の分かれ目となった。先頭の村上の左中間のヒットを左翼を守るウィーラーがそらして無死二塁。続くサンタナの遊ゴロを坂本が緩慢なスローイングで一塁送球した上に、一塁を守る中島がベースを離れて捕球したことで、追いタッチとなった場面だ。結果として坂本に失策が記録されたが、このシーンには厳しい目が向けられた。

 「1点差を追う大事な場面。先頭の村上の打球を二塁打にしたウィーラーの守備、続く坂本の緩慢な送球、一塁を守る中島のベースを離れていた点といわば3つのミスが重なって、その後の大量失点を招いた。一戦必勝のポストシーズンではミスが出たほうが負け。この日の巨人は集中力を欠いたミスが多すぎた」(球界関係者)





 6回はその後、満塁策を選択するも、代打の川端に対し、菅野が押し出し。続く塩見に走者一掃の適時打を許すなど、勝敗を決定的にするイニングとなった。巨人はこの回以降も7回の中島、8回に広岡と失策を重ね、この試合3失策。追う立場のチームがこれだけミスを重ねると勝機もめぐってこないのは当然だった。

 打線も淡泊だった。主砲の岡本和を欠く中、坂本、丸、ウィーラーのクリーンアップで1安打となれば得点は望めない。何より「CSファーストステージの気迫あふれる姿は何だったのかと思うほど、このシリーズでは選手個々から気迫がまったく感じられない。ピンチの場面で笑顔を浮かべている選手もいたりと緊張感も感じられず、早くシーズンを終わりたいのかと思うほど」(同)と「無気力野球」が試合の端々に見られたという指摘もある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧