巨人、リハビリ組11人が「育成落ち」の衝撃 真の目的とは

タグ: , , , 2022/10/30

 神宮球場での日本シリーズ第2戦、東京ヤクルトVSオリックスの試合前に、衝撃の一報はもたらされました。

 巨人が11選手に自由契約とすることを通告したことを発表--。野球ファンが驚いたのは、その中にビッグネームがズラリといたからです。

【関連記事】原巨人「だらしなかった」 屈辱のBクラスで指揮官から断罪された「選手の名前」






 鳴り物入りで横浜DeNAからFA移籍した梶谷隆幸外野手を始め、昨季は11勝を挙げてチームの勝ち頭となったサウスポーの高橋優貴投手、セットアッパー候補として期待が高まる平内龍太投手ら「ドラ1勢」も名を連ねたとあっては、ファンの間で動揺があったのも当然です。

 巨人は昨年の11月15日にも、12選手の自由契約を発表しており、大量の「育成落ち」はいわば「恒例行事」。11人のうちほとんどが「怪我持ち」のため、リハビリ期間は育成選手として過ごし、回復後は再び支配下に戻ることが想定されます。表向きの目的は、「リハビリ組の分、支配下の枠を空けることで、育成選手の競争意識を高める」とされていますが、真の狙いは別にあると、あるスポーツ紙の記者は言うのです。

 「ズバリ、巨人はこのオフ、FA戦線に打って出るということでしょう。その結果、人的補償で他球団に持って行かれないように、必要な戦力を育成落ちさせることで『プロテクト対策』したと考えるのが自然です」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧