仁義なき争奪戦 GTが本気で狙う「あの選手」

タグ: , , , , 2022/10/15

(C)Getty Images

 矢野阪神が「終戦」を迎えた。14日に行われたヤクルトとのCSファイナルシリーズ第3戦(神宮)に3ー6の逆転負け。勝負どころのミスも響き、CSファイナルシリーズでは1勝もできず。今季限りの退任が決まっている矢野監督は「勝てるチャンスがあっただけに悔しいし、野球の難しさをこの1試合だけでも経験させてもらった」と言葉を継いだ。

 そしてチームは前へ進む。前回指揮を執った2004年から05年のリーグ優勝を含め、在任5年で4度のAクラス入りを果たした名将、岡田彰布氏を迎えV奪回を目指す。

【関連記事】原巨人の失態、「あのコーチを手放したのは痛かった」OBからも批判集める理由






 第一弾の補強として注目を集めているのは、大リーグ・レンジャーズ傘下3Aラウンドロックに所属する有原航平投手(30)の存在もある。

 有原は15年ドラフトで日本ハム、広島、阪神、DeNAから1位指名を受け、抽選の結果、日本ハムへ入団。1年目から8勝を挙げて新人王に輝くとプロ2年目の16年も11勝をあげ、リーグ優勝に貢献。19年は15勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得すると、20年オフにポスティングシステムを利用して、同年12月にレンジャーズと2年契約を結んだ。

 一方、米国では故障に苦しんだ。21年は開幕ローテーション入りし、2勝を挙げたが、その後、故障者リスト入り。5月に右肩の動脈瘤(りゅう)の手術を受け、長期離脱となった。

 今季はキャンプに招待選手として参加したものの、開幕前にマイナーに降格。8月中旬にメジャー昇格を果たすと、8月21日のツインズ戦で先発として6回0/3を4安打無失点に抑え、489日ぶりのメジャーでの勝利を手にした。ただ、その後は結果を残せずに3Aに降格。メジャー通算は15試合で3勝7敗、防御率7・57に終わっている。

 阪神はかつてドラフトで1位指名したように、有原の力を高く評価。チームは青柳、伊藤将の左右二枚看板を筆頭に、先発陣では森木、才木、西純など若い選手も伸びてきているが、今オフはFA権を再取得した西勇の去就も流動的となっており、磐石の態勢を敷くためにも有原獲得を狙っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧