元IOC会長注目!東京五輪期待の美女アスリート 「招致のキーマン」から「本番のキーマン」に

タグ: , , 2018/12/20

 トライアスロン・佐藤優香、久保埜南、瀬賀楓佳等が所属するトーシンパートナーズ・チームケンズの2018年報告会が12月19日に都内で行われた。

左から瀬賀楓佳選手、佐藤優香選手、飯島健二郎監督、久保埜南選手

・合わせて読みたい→
高木姉妹の偉業に刺激 東京五輪でメダルを目指す美女アスリート(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/go-for-the-tokyo-olympic-medal/)


 2020年の東京五輪「招致」と「本番」の舞台、両方に立つ世界で唯一のアスリートとなる可能性が高い佐藤優香。

 2010年の第一回ユースオリンピックで、大会初日の一番最初の種目・女子トライアスロンで大会一号の金メダルを獲得。世界中で唯一のユースオリンピック史上初の金メダリストとなった。

 その時のユニフォームがスイスのIOC本部に飾られるほど、当時のロゲ会長を始めとしたIOC幹部から注目されていた事から「東京五輪招致のキーマン」として2013年に行われた2020年東京五輪招致プレゼンに抜擢された。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧