「GO TO ラリージャパン2021」が開催 ラリージャパン2021のサービスパークは豊田スタジアムに移転

タグ: , , 2020/11/23

 来年11月に延期となった世界ラリー選手権の日本ラウンド「ラリージャパン」のPRイベントが名古屋市と愛知県岡崎市で開催された。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となった今年の大会は11月19~22日に予定されていたが、PRイベントはその日程に合わせて実施された。

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/

名古屋市内のラリージャパンPRイベントで会見に参加した愛知県の大村秀章知事と大会実行委員会の高橋浩司会長(鶴田真也撮影)


 ラリージャパン事務局が主催する「GO TOラリージャパン2021」は名古屋市・栄のイベントスペース「ミツコシマエ ヒロバス」で21、22日に行われ、初日の記者会見で大会実行委員会の高橋浩司会長は「この日は本来であれば本番の2日目を迎えていたはず。そう思うと悔しさが込み上げてくることもあるが、コロナウイルスの感染症拡大が今、第3波と言われ、外国人の入国規制が解かれていない中で世界選手権が開催できないという決断は今となっても致し方ないことだったと思う」と話した。

 中止の発表があったのは8月。地元のトヨタも含めて現場の実動部隊は外国人で、国際自動車連盟のスタッフを合わせると300人近い人員を海外から一斉に入国させなければならない。無観客開催の選択もあったが、沿道に人が集まる可能性は否定できず、サービスパークがクラスターの発生源になる恐れもある。入国の際は原則的に14日間の自主隔離が必要で、時間的にも制約が多く、開催するのは現実的ではなかった。





 今回もPRイベントと銘打っているが、多くの人を集めるわけにもいかず、関係者はジレンマに駆られたという。名古屋市のイベントもオープンスペースながら柵を設け、入り口を2カ所に制限。入場者を常時300人以内とし、最終日には一時的に入場規制をした。岡崎市ではクラシックラリー大会と一緒にトヨタの競技車両「ヤリスWRC」のデモ走行なども実施されたが、イベントも大々的な告知は控えたという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧