小林可夢偉以来の7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生か?!その最有力とされる「角田裕毅」とは

タグ: , , 2020/11/4

 7年ぶりに日本人F1ドライバーが誕生するかもしれない。レッドブルで若手の受け皿となっているアルファタウリの来季ドライバーとして、ホンダとレッドブルの2つの育成システムに在籍する現F2の角田裕毅(20)が最有力になった。

・今すぐ読みたい→
F1業界に激震 ホンダがF1からの撤退を決めた理由とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/honda-withdraw-from-f1/

F1マシンのシート合わせをする角田裕毅((c)Redbull Content Pool)


 レッドブルで選手契約を統括するヘルムート・マルコ相談役がドイツの放送局「スカイドイツ」のインタビューに応じたところ、来季のドライバー人事について大きなヒントを出した。すでにピエール・ガスリー(フランス)のアルファタウリへの残留が発表されているが、「来季は彼が(トップチームの)レッドブルで走ることはない。アルファタウリではチームリーダーを必要としているから。彼の相棒はかなり若い選手になるだろう」と漏らしたのだ。

 「かなり若い選手」と具体像を口に出したことで、浮上したのが角田だ。スカイドイツから「(現レギュラーの)クビアトが離脱して、角田が加入するのか」と尋ねられると「そのようになるだろうね」とあっさりと認めてしまった。

 日本人で最後にF1でレギュラードライバーを務めたのが2014年にケータハムに所属した小林可夢偉。その後は17年のF1合同テストに松下信治がザウバーで初参加し、昨年のF1日本GPでは山本尚貴がトロロッソ(現アルファタウリ)の一員として初日のフリー走行1回目で公式セッションデビューを飾ったが、レギュラーシートを射止めることができなかった。





 角田はF1直下シリーズのF2に今季から参戦中で、残り2大会4レースを残してランキング3位につけている。

 F1参戦に必要なスーパーライセンスが発給されるには、F1以外のシリーズのシリーズランキングで算出される「スーパーライセンスポイント」を直近の3シーズンで40ポイント以上獲得しなければならない。角田の場合は、2018年に日本のFIA―F4でタイトルを獲得し、昨季は欧州のユーロフォーミュラオープンでも年間4位となったことから既に19ポイントを得ている。今季のF2でランキング4位以内に入れば、30ポイントが加算され、資格を満たすことになる。

しかも11月4日にはF1第13戦エミリアロマーニャGPが開催されたイタリア・イモラサーキットで2年落ちのトロロッソのF1マシンでテスト走行を実施。発給要件を完全に満たすことになる。

 ただし、綱渡り状態にある。後ろ盾となっているホンダが2021年シーズンを最後にF1からの撤退を表明。仮に来季のシートを得られたとしても、ホンダ自体のF1活動はそのシーズンまで。22年以降に継続参戦できるかは不透明なのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧