箱根駅伝ハプニング集 警察暴走、犬で裸足で区間新

タグ: 2021/1/2

◆万引き犯つかまえた
 第79回(2003年)大会直前の12月17日、専修大の太田宏嗣が大学近くで万引きを見つけ、逃走する犯人を取り押さえて逮捕に貢献。ニュースでも取り上げられ、「お手柄ランナー」として話題になった。

 注目を集めた本番だったが、往路3区に登場も、腹痛を起こすアクシデント。前のランナーをつかまえるどころか、後続のランナーにつかまるばかりの苦しい走り。区間最下位で、チーム順位を18位に下げ「前を行く選手までは、つかまえられなかった」と肩を落とした。

◆警察も我慢できない
 第2回大会(1921年)で、レースの警備にあたっていた前田喜太平さん。あまりの駅伝の盛り上がりに興奮し、選手と一緒に走りだしてしまったという。現場を混乱させた責任をとって警察官を退職後、日大に合格して駅伝部へ。選手として箱根に戻り、第3、4回大会では10区を走り、第6回大会では2区で区間賞をマークした。

 目の前の仕事も忘れさせるほどの魅力が、箱根駅伝にはある!?





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
あれ?タスキを渡すランナーがいない!箱根駅伝、悔やまれるミス
駅伝大会で車と接触事故、見直し求められる公道レースの運営 過去には箱根駅伝の試走で死亡事故も
箱根駅伝珍場面集 フリーザ出現、全員コース間違えetc.

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧