名物ライターが選ぶ「平成の甲子園ベストナイン」、選ばれたのは…

タグ: , 2019/4/25

 3~4月に行われたセンバツ高校野球は、東邦(愛知)の30年ぶり優勝で幕を閉じた。平成元年(1989年)の王者が、平成最後の優勝校になる歴史的なフィナーレとなった。平成の31年間で甲子園には数々のスターが生まれた。ファンの間でよく話題となるのが「甲子園ベストナイン」。スポーツライターの西尾典文氏が選出した「平成ベストナイン」は以下の通り。


1(中)藤原恭大(大阪桐蔭)

2(捕)中村奨成(広陵)

3(遊)福留孝介(PL学園)

4(三)松井秀喜(星稜)

5(右)平田良介(大阪桐蔭)

6(一)武内晋一(智弁和歌山)

7(左)中田翔(大阪桐蔭)

8(投)松坂大輔(横浜)

9(二)町田友潤(常葉菊川)

◆投手=松坂大輔(横浜)◆
平成10年(1998年)春夏連覇を果たした横浜のエース。夏の決勝戦ノーヒットノーランなど数々の伝説を残した「平成の怪物」。
【他の候補=森尾和貴(西日本短大付)、ダルビッシュ有(東北)、田中将大(駒大苫小牧)、斎藤佑樹(早稲田実)、菊池雄星(花巻東)、島袋洋奨(興南)、藤浪晋太郎(大阪桐蔭)】

◆捕手=中村奨成(広陵)
平成29年(2017年)夏の甲子園で、PL学園清原の最多記録を更新する1大会6本塁打をマーク。17打点、19安打など数々の打撃記録を塗り替えた。
【他の候補=中谷仁(智弁和歌山)、田村龍弘(光星学院)、森友哉(大阪桐蔭)】

・合わせて読みたい→
ノムさんが選ぶ「平成ベストナイン」 とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-heisei-best-nine/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧