鉄拳制裁も当たり前!?ヤクルトの暗黒時代におきたトンデモ采配とは 橋上秀樹氏 荒木大輔氏対談

タグ: , , , , , , 2022/2/16

 長いプロ野球の歴史の中で、技術やプレースタイルはもちろん、ルールや野球哲学など様々な事が変化してきた。その中の一つである作戦や采配は監督が変わるたびに変化するといっても過言ではないほど、時代背景によって大きく変化している。

そんな過去の采配について、現役時代、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏とヤクルトで共に戦った荒木大輔氏が現在橋上氏がおこなっているYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で語り合った。

【動画】荒木大輔氏が語る、93年の日本シリーズのデッドボールはどっちが悪い?土橋正幸のとんでも采配!
・今すぐ読みたい→
荒木大輔氏が語る今季の日本ハム「こいつらなんとかならないかな、と」新庄BBへは「意外と大丈夫」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-daisukearaki-06/



橋上氏と荒木氏の対談は、日本ハムの現状から両者の出会いについて振り返り、話題は両者の在籍した当時のヤクルトのチーム事情に移っていった。

83年にドラフト1位で荒木氏が入団し、その翌年にドラフト3位で橋上氏が入団してから、野村監督が就任後の92年にリーグ優勝、93年に日本一に輝くまでの10年近く低迷していたヤクルト。

そんな優勝から遠ざかっていたヤクルトを、橋上氏は暗黒時代だと表現するほど弱かったと振り返り、まさか優勝できるなんて思いもしなかったと両者は口をそろえた。

「野村さんの前にやってた、武上さんとか土橋さんの野球もある意味新鮮でしたけど、今考えるとひどかったですよね」

と、橋上氏。荒木氏も「本当に行き当たりばったりで…」と低迷したチーム状況を振り返った。

行き当たりばったりな采配とはいったいどんな野球だったのか。





ヤクルトの現ゼネラルマネージャー(GM)の小川淳司氏は、土橋監督に可愛がられながらも厳しい要求を受けていたひとりだったという。

ツーアウトの場面で小川氏にヒットエンドランのサインを出した事があった。一般的にどんな厳しい球でも打つこの作戦は、バッターランナーがアウトになる高い可能性と引き換えに進塁打にしようといった作戦だ。

そんなヒットエンドランをツーアウトで起用するという奇策について土橋監督は、

「いいんだよ、(小川)淳司は積極性がねーからツーアウトからでもエンドランを出すんだよ!」

と、周囲に説明していたという。

そんな今となっては常識はずれな作戦を目の当たりにした橋上氏は「こんな野球あるんだってすごく鮮明に覚えている」と当時の衝撃を思い出していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧