「死ぬこと以外はかすり傷!」橋上秀樹氏も驚く、デーブ大久保氏のバイタリティーの源泉とは

タグ: , , , , 2021/12/27

 新しいことにチャレンジする事はハードルが高い。特に日本人には難しいと感じる人が多いだろう。失敗したら傷つくし、辛い。でもやってみたい。ではどうすればいいのか。

そんな挑戦心の持ち方について、現役時代、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏と楽天で監督として共に戦ったデーブ大久保氏が現在橋上氏がおこなっているYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で語り合った。

【動画】巨人の選手と仲良くなった理由とは?秋山ヘッドも呆れる王監督への禁断質問とは?
・今すぐ読みたい→
「ナメたことしやがって!」西武ナインが楽天・星野監督に怒りをあらわにした日一、橋上秀樹氏とデーブ大久保氏が語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-hiromotookubo-02/



楽天時代の2015年に大久保氏が監督、ヘッドコーチに橋上氏がつく形で共にペナントレースを戦い抜いた経験を持つ両者。

大久保氏は、周りの方々から愛されるキャラクターでありながら、指導者としても積極的に知識を得る為の新たな勉強や、様々な先輩方に臆することなくアドバイスをもらいに行く姿がこの対談の会話では目立っていた。

そんな同氏の行動力や、バイタリティーに対して橋上氏は関心を寄せていた。

大久保氏は、欧米人は新しいことに3割の人がチャレンジするのに対し、日本人は3%くらいの人しか行動に移さないというデータを紹介し、自身が飲食店に挑戦した時も100人中100人に反対されたと自分の経験にも触れ、挑戦することの難しさについて語った。





そんな同氏のバイタリティーは一体どこから来るのか。その答えについて同氏はこう答えた。

「やってだめなら、やめればいいでしょ。っていう考えは、ナベちゃん(渡辺久信氏)にも教わったことで、ナベちゃんがいつも言っていた。だから色んな事にチャレンジ出来た。」

と、現役時代・指導者時代共に苦楽を共にした元西武ライオンズ監督、渡辺久信氏の言葉がきっかけになったことも明かし、自分の生きざまについても続けて語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧