「一番嫌だったのは、〇〇なバッター」現役時代、山本昌氏を苦しめた打者とは⁉ 橋上秀樹氏×山本昌氏対談

タグ: , , 2022/3/12

 プロの世界には長距離打者や、小技の得意な打者など様々なタイプの打者が存在する。そして、それぞれの打者は相手投手から点を取るために、試行錯誤を繰り返す。では結局のところ、どんな打者を投手は嫌がるのか。

そんな打者のタイプについて、現役時代、ヤクルトなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏と元中日ドラゴンズで名球会入りを果たした山本昌氏が現在橋上氏がおこなっているYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」で語り合った。

【動画】山本昌氏が語る、ヤクルトで一番苦手だったのは意外なあの人!メジャー寸前で呼び戻された意外な理由とは?
・今すぐ読みたい→
オープン戦順位にだまされるな!最下位に沈んだ巨人、ヤクルトが2年連続リーグ優勝の下剋上データ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/open-game-results/



共に同じ時代に、セ・リーグで活躍してきた両氏。そんなお互いだからこそ聞きたい内容があった。

橋上氏は何度も対戦した相手である山本氏に、現役時代に嫌だった対策や打者、逆に苦にしなかった対策を尋ねた。山本氏は、

「嫌だったのはあなたと、土橋でしょ!」

と、即答。さらに苦手とする打者の特徴について、

「一番いやだったのは、引っ張りこまれて長打を打たれるのが嫌だった。一番怖くないのは、右方向にコツコツ当ててくるバッター。うち(中日)は恵まれたことに良い外野手がいたので、ライト前ヒット3本でも1点入るか入らないかでしょ?」

「でも神宮球場は狭かったから流されて、ホームランが嫌だった。ピッチャーって長打が嫌なんだよね」

と、長打になる確率の高い「引っ張り」タイプの打者を嫌い、流される事に対しての怖さはそこまでなかったという。それに対して橋上氏は過去の打席を振り返り、

「山本昌相手に、引っ張ってショートゴロ・サードゴロ打ったら野村さんにいつも怒鳴られてたね。『引っ張るな!』って」

と、引っ張るよりも流してヒットを打つ事が求められていたことを語った。





右打者はライト方向に右打ちする。この考え方が野球界の基本といわれていた。しかし、その常識に対して橋上氏は疑問を抱いていていたと明かし、

「逆方向に打ちに行っても、強く振れないので打球が強くないし、飛ばない。ライト前にもなかなか抜けていかないのよ。そう考えて、引っ張っていこうと(チームに)言ったこともあったんだけどね、上手くいかなかった」

と、「引っ張り」に関しての思いを語った。この考えに山本氏も賛同しながら、

「ランナーいない時は引っ張られるのが嫌だけど、例えばワンアウト、ランナー2塁3塁の時とかは流されるのが嫌だったね」

と、状況によっては流してくるようなタイプの打者も苦手に変わると語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧