日ハム伊藤が新人対決を制し二桁勝利へ王手!新人王争いも「変わらず一球一球野球を楽しむ」

タグ: , , 2021/9/8

 日本ハムは7日札幌ドームで行われた楽天戦を4−2で勝利。連敗を2でストップさせた。

 この試合、注目はなんと言っても、新人王を争う日本ハム伊藤大海投手(24)と楽天早川隆久投手(23)両チームの先発投手による投げ合いだ。

 前回登板8月29日の西武戦では、134球を投げ抜く完投勝利でチームトップタイとなる8勝を挙げている伊藤。

 対楽天戦では8月21日の登板で5回6失点で黒星を喫しているだけに、リベンジを果たす一戦でもあった。


 
 その伊藤は初回、先頭バッターの辰巳から3球三振を奪い、今シーズン100奪三振を記録すると、続く小深田にライト前ヒットを許すものの、島内を併殺打に打ち取り結果的に三者凡退の立ち上がり。
その後ランナーを許しながらも要所を締めるピッチングで4回まで0を並べた。

 一方、試合前まで対日本ハム戦3勝、防御率1.42と好相性の早川は初回、先頭バッター浅間をこちらも3球三振で打ち取ると、続く西川も三振、3番の野村をファーストフライに打ち取る完璧な立ち上がりを見せた。

 ゲームが動いたのは4回裏。先頭の西川がこの日チーム初安打を放つと、続く野村の打席で盗塁を決めてチャンスメイク。野村はショートフライに倒れるものの、4番近藤がライト線いっぱいのタイムリーを放ち先制に成功すると、続く佐藤にもタイムリーが生まれ、2点を奪った。

 援護をもらい勢いに乗りたい伊藤だったが、こちらは5回、1アウトを奪った後8番の炭谷に四球、続く山﨑にヒットを許すと、1番辰巳を打ち取ったものの小深田にタイムリーを浴び同点に追いつかれる。





 一気にゲームが動き出し、どちらが主導権を握るかというなか、再びチャンスを作ったのは日本ハム。5回にヒットとフォアボールで満塁とすると近藤に2打席連続となるタイムリーが生まれ、苦手としていた早川から4点を奪うことに成功。結果、早川はこの回でマウンドを降りる形となった。

 再び援護をもらった伊藤は、その後も粘りの投球を見せ、7回2失点で降板。そのままリリーフ陣が逃げ切り、ファイターズが勝利。伊藤に勝ち星が付き、新人王を争う2人の対決は、伊藤に軍配が上がった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧