F1のパワーユニットにホンダの名前が2年ぶり復活!ただし、遅きに失したとの声も

タグ: , , , , , 2022/12/23

今季の最終戦アブダビGPでのレッドブルの集合写真((c)RedBull Content Pool)

 国際自動車連盟から発表された来季のF1エントリーリストで、チャンピオンチームのレッドブルレーシングと、角田裕毅が所属するアルファタウリのパワーユニット(PU)名が「HONDA RBPT」と登録され、2シーズンぶりにホンダの名称がF1に復活することになった。ただし、業界内では遅きに失した判断だったという声が大きい。

 ホンダは2021年限りでワークス活動を終了したが、今季もPU製作を継続。同社のモータースポーツ統括会社「ホンダ・レーシング」が下地となってレッドブルのPU製造会社「レッドブル・パワートレインズ(RBPT)」にPUを供給し、技術支援する体裁を取った。

【関連記事】角田裕毅が来季もアルファタウリに残留 日本人F1選手に立ちはだかる3年目の壁を突破






 実質的にはホンダのPUが搭載されるマシンでレッドブルのマックス・フェルスタッペンがシリーズ2連覇を達成し、製造者部門も制したものの、登録上はホンダの名称が出ない形となっており、F1でチャンピオンを取ったと大々的に名乗ることができず、マーケティングや広告で大損をしたといわれている。

 F1ジャーナリストのルイス・バスコンセロス氏も「今季は22戦中17勝もしたのに、チャンピオンナンバー『1』のマシンを使ってマーケティングや広告に生かすことができなかった。これは経営陣の大きなミスと言わざるを得ない」と指摘した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧