F1シート喪失のシューマッハー長男の今後は? 父がF1王者の選手は大成するか

タグ: , , , , 2022/12/5

ミック・シューマッハー(ハース提供)

 F1世界選手権の来季ドライバーラインアップが年越しを待たずに確定した。10チーム全20人。引退したセバスチャン・ベッテル(ドイツ)ら4人がシートを死守できなかったが、その中に元王者ミハエル・シューマッハーを父に持つミック・シューマッハー(ドイツ)も入っていた。

 ハースから2シーズンにわたって参戦したが、非力なマシンにてこずって入賞はわずか2回。今季もランキング16位と振るわず、チーム側も再契約を交わさないことを決め、後任には同じドイツ人で1度はF1のレギュラーシートを失ったニコ・ヒュルケンベルグが起用されることになった。

【関連記事】角田裕毅が来季もアルファタウリに残留 日本人F1選手に立ちはだかる3年目の壁を突破






 今季はチームのエースのケビン・マグヌッセン(デンマーク)が開幕戦バーレーンGPで5位を獲得するなど入賞5回。F1関係者は「シーズン序盤のサウジアラビアとモナコでマシンを全損させ、数百万ユーロ(数億円)の損害をチームに与えたことが大きかった。その後も経験豊富なマグヌッセンと比べて速さが物足りなく、安定した成績を残せなかった」と指摘する。「シューマッハー」という絶大なネームバリューがありながら背に腹は代えられなかったといえる。

 F1王者を父に持つ2世ドライバーのF1戦績はどうか。成功例は2人。グラハム・ヒルを父に持つデーモン・ヒルは1996年にウィリアムズでタイトルを獲得。ケケ・ロズベルグの長男ニコ・ロズベルグもメルセデスの一員として2016年にチャンピオンに輝いた。

 逆に鳴かず飛ばずだったドライバーもいる。ジャック・ブラバムを父に持つデビッド・ブラバム、ゲイリー・ブラバムの兄弟、マリオ・アンドレッティのDNAを受け継ぐマイケル・アンドレッティもF1では大成できなかった。ネルソン・ピケJr.も2年でF1を去った。このほかに、F1にすらたどり着けなかったジュニアもいる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧