中日痛恨、村松開人が長期離脱へ…「遊撃手」は誰が担うのか

タグ: , , , , 2024/6/25

村松の離脱は痛いが、その穴を埋める代役の活躍に期待したい(C)TakamotoTOKUHARA/CoCoKARAnext

 ショッキングなニュースが中日ファンを襲った。

 6月23日の広島戦で、村松開人が守備中に左肩を強打しそのまま交代。翌24日に出た診断結果は「左肩SLAP損傷」。一般的にこのケガは競技復帰までに2~3か月、全快までは4か月程度を要する。1軍登録を外れ、治療に専念することになった。

【動画】村松開人の見事な逆方向へのタイムリーを見る





 村松は大卒2年目の今季、開幕スタメンこそ逃すも、4月下旬からは遊撃のスタメンを確保。攻守ともに成長著しく、チームに欠かせない選手の一人だった。それだけに、交流戦明けでこれからというタイミングでの離脱は非常に痛い。

 ただ、シーズンはこれからも続く。本稿では村松に代わる遊撃手の候補を見ていきたい。

■山本泰寛は控えに置いておきたい?

 村松とともに1軍の遊撃を守ってきたのが山本泰寛である。今季から阪神より加入すると、堅実な守備と巧みな右打ちを武器に居場所をつかんだ。

 23日の試合、村松が退いた後に遊撃に入ったのも山本で、8回にはオルランド・カリステの決勝打を呼ぶ四球を選んでいる。村松の穴を最小限にとどめ、しっかりと仕事をこなしてくれる意味では山本以上の選択肢はないだろう。

 一方で、内野の複数ポジションを守り、いざという時のピンチバンターを務められるスキルを持つため、首脳陣はベンチに置いておきたいと考える可能性は無視できない。シーズン中度々あった、左投手対策時のみのスタメン起用になるかもしれない。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧