復帰後8試合で6失策…中日・高橋周平の三塁守備に“異変” 故障明けの動きで気になるところは?

タグ: , , , , 2024/6/24

高橋周には攻守ともにリズムを取り戻してほしいところだ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 中日の三塁手・高橋周平に“異変”が起こっている。6月11日に右ふくらはぎの筋損傷から復帰して以降、出場8試合で6つの失策を犯しているのだ。

 かつては2年連続ゴールデン・グラブ賞に輝いた名手で、堅実な守備には定評がある高橋周。一体どうしたというのか。

【動画】中日・高橋周平が節目の1000試合出場を達成したシーン





■接戦での失策が頻発

 まずは、辛いところではあるが、失策の内訳を見ていこうと思う。

・6/13 日本ハム戦
→1点ビハインドの7回先頭、上川畑大悟のゴロをファンブル
→その後、郡司裕也、アリエル・マルティネスの適時打で突き放されそのまま敗戦

・6/14 ロッテ戦
→1点リードの7回先頭、友杉篤輝の三遊間打球をファンブル
→その後、清水達也の暴投で追いつかれる
→試合は延長で勝利

・6/15 ロッテ戦
→1点を追う3回、無死一三塁からウンベルト・メヒアの送球を捕球後、二塁から飛び出していた一走に送球を当ててしまう
→4点差の5回、2死一塁から角中勝也の正面ゴロをトンネル。チームはその後も失点を重ねる
→試合は0-10で大敗

・6/21 広島戦
→0−0の3回先頭、堂林翔太の正面ゴロを後逸
→後続を髙橋宏斗が抑える
→試合は1-0で勝利

・6/23 広島戦
→1点リードの4回、2死一二塁から菊池涼介の正面ゴロをファンブル
→後続を松葉貴大が抑える
→試合は2-1で勝利

 内訳を見ると、ほとんどが打球処理を誤ったもの。そして(元々ロースコアの試合が多いとはいえ)、接戦の最中で痛い失策をしている。直近の広島戦は投手の粘りで無失点となったものの、交流戦では敗戦に直結することもあった。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧