「突出したキャラクターを持ったスーパースターと名勝負製造機の試合、面白くならないわけがない!」宇野薫がマクレガー復帰戦の展望を語る

タグ: , , , 2020/1/16

 MMAの最強問題児にして最大のスーパースター、コナー・マクレガーがUFCに帰ってくる。

日本時間の1月19日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナで開催される『UFC246』。そのメインイベントで、マクレガーが1年3カ月ぶりに復帰。名勝負男として名高い、「カウボーイ」ドナルド・セローニとウェルター級マッチで対戦する。

この一戦の見どころとUFCの魅力を「総合格闘技のパイオニア」宇野薫に語ってもらった。


——宇野選手が2001年にUFC初参戦(『UFC30』UFCバンタム級王座決定戦 vsジェンス・パルヴァー)してから、もう19年になるんですよね。
「早いですよね。でも、たぶん僕はUFCで結果を出せなかったからこそ、現役を続けられている気がしますね。あそこでいいパフォーマンスができなかったことが悔しくて、この年齢ですけど、いまだに『オクタゴンに戻りたい』『いま自分がUFCで戦ったらどうなるんだろう』と思い続けていますから。」

――宇野選手はUFCでタイトル戦を2回経験していますが(1敗1引き分け)、そこでベルトが獲れなかったことが、その後の練習や試合の原動力になっている、と。
「もしUFCのベルトが獲れていたら満足して、もっと早く辞めていたと思うんですよ。でも、獲れなかったことへの悔しさと未練が、僕が戦い続ける理由のひとつにもなっているので、UFCってそれぐらい魅力的な場所なんですよね。」

――宇野選手が感じているUFCの一番の魅力はなんですか?
「やはり、総合格闘技の元祖であり、最高峰。誰もが認めるメジャーリーグということが一番ですよね。僕自身、総合格闘技の世界一の舞台だと思っていますし、1993年に誕生してから今日まで、ずっと進化し続けているのがすごい。どんどん強くてキャラクターがある選手が出てくるし、常に技術革新が行われていますから。」

——UFCは定期的にとんでもない選手が出てきますが、『UFC246』で1年3カ月ぶりに復帰するコナー・マクレガーは、その最たるものですよね。
「マクレガーは最初に見た時から『強い選手が出てきたな』『スターになるんじゃないかな』と思ってたんですけど、あれよあれよという間に、スーパースターになりましたからね。」

(写真左より)コナー・マクレガー、ドナルド・セローニ/Getty Images

――マクレガーの一番の魅力はどこにあると思いますか?
「やはり強さと華やかさですね。試合前にあれだけリップサービスをしていながら、しっかりと結果を出すところも魅力だと思いますし。僕はファッション的なアプローチも気になるんですけど、マクレガーはオシャレを超えたセレブリティな服装がいいですよね。」

——「このスーツ高いぞ」って一目でわかる服装で会見にも出てきますからね(笑)。
「でも、トレーニングウェアはけっこう地味で、ちゃんとシャツをパンツにインしてたりして、そのギャップもいいんですよね(笑)。」

——人前では、「マクレガー」を演じるけれども、練習は超マジメなんでしょうね。
「そうだと思います。でも、人前に出ればマスコミがよろこぶような発言をして、その発言のひとつひとつが世界中に報じられるという。そこまでやれる選手は、これまでの総合格闘家にはいないタイプですよね。」

・今すぐ読みたい→
堀口恭司が感じた那須川天心の進化と才能(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-47/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧