巻き返しを目指す原巨人の現状に大物OBが苦言!監督采配、選手パフォーマンスも問題視「チャンスをもらった選手が…」

タグ: , , , , 2023/1/4

(C)Getty Images

 2022年シーズン、原辰徳監督率いる巨人はペナントレースでは4位に終わり、5季ぶりにクライマックスシリーズ出場を逃すこととなった。序盤こそ首位に立つ時期もあったものの、夏場を前にその勢いは失速、ヤクルトの独走を許しただけでなく、最後は阪神にも競り負ける形でBクラスに沈んだ。

 去年は初勝利を挙げた投手が8名にも上ったことも話題となるなど、若手の台頭が目立ったシーズンとも捉えられる。だが、実際には、投手で特筆すべき成績を残したのは守護神として37セーブを記録し新人王に輝いた大勢のみであり、打者でもほぼシーズンを通して中堅・ベテランがレギュラーを担った。

【関連記事】現役ドラフトで入団「オコエがスタメン奪取するようでは巨人はヤバい」の背景とは





 今オフも、ソフトバンクからは松田宣浩を獲得、広島からは長野久義が復帰するなどキャリアを重ねたプレーヤーが加わったものの、チームの底上げや若返りに関しては不透明さを拭えない。

 近年では成績が伴わないことで原監督の采配にも否定的なコメントが相次いでおり、新シーズンへの巻き返しに向け不安が募るばかり。そして、そんなファンの想いを、ある球団大物OBが代弁している。

「出してもらった選手の気持ちがどうなのかなって思っちゃうプレーから感じられる」

 巨人の選手たちの印象をそう語っているのは、巨人で現役生活を送り、コーチも務めた篠塚和典氏だ。

 広島OBの高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル『よしひこチャンネル』の1月2日配信となった「【来季はどうなる?】篠塚さんが語る今年の巨人『チャンスを貰った選手が成果を出せていない』」にゲスト出演し、古巣の現状について語っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧