「この打線では来季も厳しい」2年連続最下位の中日に球団OBが本音 FAで補強すべきとした選手とは?

タグ: , , , 2023/10/8

打者陣の強化は来季に向けて必須。立浪監督はどんな手を打つのか(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 昨シーズンに続いてのセ・リーグ最下位に沈んだ中日立浪和義監督2シーズン目も苦しい戦いが続き、球団史上初となる2年連続での最下位という不名誉な結果に終わった。

 シーズン終盤には立浪監督の続投も決定し、レギュラーシーズン終了直後には、退団となる選手やコーチも発表され、チーム立て直しへ向けた動きをみせている。

【関連記事】中日も絶対強くなる 球界OBから指摘された「キーマン4人の名前」





 今季も「投高打低」が顕著に表れたシーズンとなり、そのチーム状況が結果に直接映し出されることに。チーム防御率3.06は阪神に次ぎリーグ2位も、チーム打率、本塁打数、得点数はいずれもリーグ最下位。打線では2桁本塁打を記録した打者が細川成也と石川昂弥の2人のみ。一方で、投手陣では、小笠原慎之介、柳裕也、涌井秀章、高橋宏斗の先発陣はいずれも敗戦数が2桁に上った。得点力の低さにより、投手陣を援護できなかったことは明らかだ。

 そのため、打線の強化が今オフの最重要課題であるとの見解を示す、球団OBの声も伝えられている。現役時、中日、西武、阪神で主力打者として活躍した田尾安志氏が10月7日にYouTubeチャンネル『TAO CHANNEL』を更新。来季へ向けた中日の補強について語っている。

 田尾氏は、今季の投・打の成績を振り返りながら、「この打線では来季も厳しいというのが僕の本音です」と述べながら、「来季何をしなければならないかと言えば、長打を打てるバッターの補強。これが一番の課題ではないかなと思います」と主張。今季24本を記録した細川とともに、もう1人、ホームランバッターが必要であると続けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧