「日本のラグビーは、魅せ方が下手」ラグビー・畠山が語る、ラグビーの真の魅力!

タグ: , , 2021/1/14

 元フジテレビアナウンサーで、現在はスポーツアンカーの田中大貴と林歳彦がパーソナリティーを務めるラジオ関西の番組「としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!」(提供:株式会社ユーポス、株式会社ジャパンクリエイトグループ、もとの樹)。

いよいよ開幕を迎えるラグビートップリーグを前に、ゲストにラグビー元日本代表で、現在はアメリカ・メジャーリーグラグビーにて活躍する畠山健介さんが出演。

自身の選手生活やラグビーへの思いなど、ラグビーへの興味が引き立てられる内容が放送された。

・今すぐ読みたい→
ラグビー・稲垣啓太が笑わない理由と伝説集、海外勢からは「ジャパニーズ・マフィア」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/keitainagaki-hardly-smiles/

着実に力をつけることで認知へ


現在、アメリカのメジャーリーグラグビーでプレーしているという畠山さん。

「アメフトや野球、バスケといったスポーツに比べると、まだまだこれからという感じですね。ヨーロッパ圏の人とかも多いですし、アメリカの人はスポーツが好きなんです。
だから、着実に力をつけていったら認知されるのではないかと思います」

と、今後のラグビーの発展への期待を語った。

さらには自身のポジション、「プロップ」についても言及。

「1番の大きな役割としては、スクラムを最前列で組むことです。3番が1番重圧がかかると言われているんですけど、僕からすると1番の人の方がバランスを崩しやすいと思います」

と、同じポジションであっても場所による難しさがあることを明かした。





日本人はもっとスポーツを好きになっていい

「2015年、南アフリカに勝ったワールドカップあったじゃないですか。前回も盛り上がって。日本人が見て合う競技なのかなって思うんですけど」

と林が疑問をぶつけると、

「大会を通して知ってもらえたら嬉しいですけど、日本人はもっとスポーツを好きになっていいんじゃないかと思うんです」

「イギリスやアメリカにも行って、世界中の選手だけじゃなくてファンがどんな風に観ているのかを見ているんですけど、熱狂的ですし負けても観に行っているんですよね。そういうのがスポーツの醍醐味かなと思うんですが、日本人は勝たないとなかなか来てくれなかったり」

「通い続けることで、負けていたチームが優勝したり好成績を出した時の喜びは、すごく人生に寄り添っていると思うんです」

と、畠山さんの経験やスポーツマンとしての感覚から、ラグビーだけでなくスポーツ全般に対する日本人の意識変化への期待が語られた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧