上原引退、世界2人目の「トリプル100」 勝利、セーブ、もう一つは?

タグ: , , 2019/5/21

 巨人の上原浩治投手が20日、現役引退を発表した。都内ホテルの会見場には報道陣が200人以上詰めかけた。上原は涙ながらに「本日をもちまして、21年間の現役生活を終えたいと思います」と切り出した。


 数々の金字塔を打ち立ててきた。新人だった1999年に、いきなり20勝。レッドソックス時代の2013年にはア・リーグ優勝決定シリーズでMVPに輝く活躍をみせ、ワールドシリーズで日本人初の胴上げ投手となった。

 数え切れないほどの勲章の中で、最も価値あるのが日米通算100勝、100セーブ、100ホールドのトリプル100だろう。昨年7月20日の広島戦で偉業達成。最終成績は134勝、128セーブ、104ホールドだった。メジャーリーグでもトム・ゴードン(138勝、158セーブ、110ホールド)しか達成しておらず、世界で2人目の達成者となった。

 昨年、上原がトリプル100を達成した際にも議論されたのが、名球会入りの可能性だった。現在投手は200勝、もしくは250セーブが入会基準となっている。ただ分業制が導入された今日、特に200勝達成は至難の業となっている。

 ホールドの場合、近年制定された記録であるため、基準とするのは簡単ではない。また日米でホールドが付く基準が異なるという事情もある。

 ならば100勝、100セーブではどうだろうか。こちらのくくりでは、名球会にもふさわしい豪華な顔ぶれが並ぶ。

 なお江夏豊は206勝、193セーブを挙げ、勝利数だけで200勝を超えているのでここでは省く。

・合わせて読みたい→
高橋由伸が生きる第二の人生 「巨人しか知らなかった」エリート街道の殻を破る(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-second-life-1/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのTシャツを着て、6月14日N.Y.マディソンスクエアガーデンで開催されるタイトルマッチを応援しよう! 通気性と速乾性に優れたReebok性のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧