日ハム・清宮 いよいよ「最後通告」か 〝金縛り三振〟の深刻度とは

タグ: , , 2022/5/11

 日本ハムは10日のオリックス戦(札幌ドーム)に2―4と敗れ借金は今季ワーストの14まで膨れ上がった。

 指揮官が〝戦犯〟として厳しい目を向けたのは期待をかけてきた、あのロマン砲だった。試合後、取材対応はなかったが、広報に残したコメントは「1軍に残りたいという姿勢が全く見えない。バットを出さない限り一生結果は出ない」とばっさり。常に前向きな姿勢を崩さないビッグボスのこのコメントに育成の苦悩が現れていた。

【関連記事】原巨人 5連敗「ザルにもほどがある!」ウォーカー守備でささやかれる「不協和音」とは



 この日は期待の若手、清宮、野村、万波をクリーンアップに置いて、戦った。試合前には「この3人が(中軸に)固まってくれたら面白い」と理想も語っていたが、「現実」は厳しかった。

 4番に入った野村には一発が飛び出したが、3番・清宮は4打数無安打。特に4回は先頭の中島が相手投手の失策により出塁。相手ミスに乗じて押したいところだったが、無死一塁の好機にまったく反応できず、見逃し三振に倒れた。8回一死一塁で回ってきた第4打席でもフルカウントから、二飛に打ち取られた。

 今春のキャンプからビッグボスが掲げる「初球ストライクを捉える」スタイルがなかなか、徹底できず〝金縛り〟状態に陥っている。





 一方で現在の清宮に関してはこんな声も上がる。

 「相変わらず打てるゾーンと打てないゾーンがはっきりしている。打てる球をしっかり見極めようとするあまり、逆に体が反応しづらくなっているようにも感じる。一方でチーム指令もあって、早めに打ちにいかなくてもいけないということでジレンマに陥っているのではないか」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧