「威厳を持つのはいいけど・・・」橋上秀樹氏が語る審判詰め寄り問題

タグ: , , 2022/5/11


 ロッテ・佐々木朗希投手(20)が4月24日のオリックス戦で白井一行審判員(44)に詰め寄られた一件について、未だ余波が続いている。

 9日にオンラインで開催された日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会では、球団側から『ノーモア騒動』の要望が出されたという。

「世間を騒がせたこういう案件が起きないようにするために、審判員のあり方をどう考えるべきかという議論はありました」とNPBの井原敦事務局長は説明。審判員側も2日にオンラインで全体ミーティングを行い、再発防止の意識を共有したという。

 世間を騒がせた審判問題について、現役時代はヤクルトで活躍、球界OBでもある橋上秀樹氏(現BCリーグ新潟監督)は自身のYouTubeチャンネルでこの問題について言及。

【関連動画】橋上秀樹氏が語る、佐々木朗希と白井球審はどっちが悪い?トラックマンで誤審は全部わかってる?今と昔の審判の違い

「人間がやっていることなのでお互いに感情はある。うまくやったらいい」としながらも、審判に対しては「威厳を持つのはいいけど、立場をわきまえることも大事」と話した。

 今回の一件、球審を務めた白井審判員が20歳の佐々木に詰め寄ったことで「大人気ない」と騒動に拍車をかけた側面もある。背景には古くから審判の判定には選手は文句を言わずに従うという暗黙のルールも見え隠れする。いずれにせよ選手、審判ともゲームを進めるためには欠かせないピースとあって、お互いの理解、歩み寄りの姿勢が今後も大事になってくるという。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧