日ハム・清宮 年俸大幅アップも「レギュラー確約」とはいかない「理由」

タグ: , , , , 2022/12/3

(C)CoCoKARAnext

 日本ハム清宮幸太郎内野手(23)が2日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、1700万円からの大幅アップでサインした。

 今季は129試合に出場、打率・219、18本塁打、55打点とキャリアハイの成績を残し、「今までに感じたことのない経験だったり、世界を見ることができた」と充実感を漂わせた。

【関連記事】新庄ハム 主力選手の「流出」が止まらない「舞台裏」とは






 「同世代」の活躍にも刺激を受けた。この日の明け方に行われたW杯の熱戦は寮の自室で日本代表ユニホームを着込んで「本気」のテレビ観戦。奇跡の瞬間を見届け「本当にブラボーです」と興奮冷めやらない様子を見せた。

 日本を代表するストライカーに強く刺激を受けたという。ここまで2ゴールを決め、多くの人々に鮮烈な印象を残した堂安律について「堂安選手は元々僕と同じ背番号21。親近感がある。強気な発言で有言実行するところが格好いい」とほれ込んだ。

 さらに勢いのある堂安に触発されたのか「来季はボス(新庄監督)を胴上げする。僕が日本ハムを背負って立つ」とぶち上げた清宮。来季の抱負を聞かれると「誰よりもホームランを打つ。ボスが優勝を思い描いているのなら、僕が胴上げさせる。FAの近藤さんがもし抜けたとしても、僕がいる。それくらいの気持ちでやります」とまだ去就が定まっていない近藤の離脱を「フライング予告」するほど、気合の入った様子を見せた。

 一方、清宮をめぐってはこんな声もある。

 「今季は本塁打こそ目立ったが、安定した打撃成績、守備など定位置獲りに向け、まだまだハードルは残されている。今季は新庄監督もトライアウトとして多少のことには目をつぶって出場機会を与えられていたが、監督2年目はシビアな目を向けられるのではないか」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧