巨人・坂本 「大甘査定」の裏でささやかれる「刺客」の存在

タグ: , , , , 2022/12/1

(C)Getty Images

 巨人坂本勇人内野手(33)が30日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。固定制の契約を結んでいたため、成績を落としたにかかわらず現状維持の6億円でサインとなった。(年俸は推定)

 今年は坂本にとって「試練」の連続となった。開幕直前に脇腹を痛めたことから始まり、3度の故障で戦線離脱が続き、チームの足を引っ張った。今季は83試合に出場し、打率・286、5本塁打、33打点。いずれもレギュラーとして08年に定着以降、ワーストの成績となった。「コンディションに苦しんだ1年でした」と反省。打撃に関しても「全然打球が飛ばないなとか、いろいろ思うことがあった」と苦しかったシーズンを振り返った。

【関連記事】巨人・坂本勇人が来季完全復活できる3つの理由






 一方、「不動のショート」として長年チームを支え続けてきた坂本にも世代交代の波が押し寄せている。

 すでに原監督は「元気であるならば」坂本に引き続き、遊撃ポジションを守らせるとしているが、今季のように再三のコンディション不良があればその時こそ、コンバートが本格化することを示唆。

 すでに今オフは北村広岡中山が「坂本超え」を公言している。中でも今季、坂本が故障で離脱している際に最も多く遊撃を守った中山は契約更改時には球団からこう声をかけられたという。

 「『来年勇人さんのポジションを奪って頑張ってくれ』といわれた」と明かす。

 この発言についてはこんな声もある。

 「球団フロントが率先して球団の顔となった選手の『交代』を促すのは異例のこと。世代交代を進めたいという球団の本気度が伝わってくる言葉です」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧